2008年08月26日

北海道ツーリング'08夏 -DAY 3-

今年の夏は北海道ツーリング行ってきたよ!

「うわっ!天気いいやん!!」そんな隣のテントの住人の奇声で半強制的に起床。時計の針はまだ4時過ぎ。こんな朝早くに起こしやがって!そう思ってテントから顔を出すと本当に天気がいいんだね。さっさとテントを撤収して知床横断道路へと出発。昨日に続いて知床でこれだけ天気がいい日が続くのは珍しい。そう言えば十数年前、初めて訪れた知床峠は真夏なのに気温7℃・濃霧で視界ゼロの悪天候だった。


日中は観光バスで賑やかな知床横断道路だが、早朝6時となると一台もクルマが走っていない。正面に見える羅臼岳を独り占め。そしたら左右に複数の視線を感じたもんだから路肩に目を向けるとエゾシカの群れ。早起きは三文の徳って言うけれど、これは三文どころの騒ぎではない。


知床半島を越えて半島の南岸・羅臼の街へ。とりあえず朝風呂ってことで、羅臼の街から更に海岸線を半島の先端に向かい、クルマ/バイクで行ける終点の集落・相泊にある相泊温泉に到着する。この温泉は海岸にブルーシートとベニヤ板でほったて小屋を設けただけのこの温泉は全裸で北方領土を望むことができるワイルドな温泉。但し、この日のお湯はモーレツな熱湯で、人が入れる状況ではなかったので朝風呂を断念。


やむを得ずちょっと手前にあるセセキ温泉へ。こちらは海岸線どころか海中に湧く温泉。但し、この温泉は個人が所有しているので時間的な制約があり、この日の入浴は10:00からということで再度朝風呂を断念。もっとも、この状態で朝風呂しても潮でべたべたになることは間違いない。


相泊温泉・セセキ温泉にフラれた後は知床横断道路沿いにある熊の湯で朝風呂。相泊温泉・セセキ温泉を目にした後なので感覚が麻痺しているが、なかなか立派で清潔な温泉小屋。冷静に見るとほったて小屋という意見もあるが、この手の手作り感あふれる温泉が好きなんだから仕方がない。


その後はウトロ漁港まで戻ってウトロ漁協婦人部食堂へ。ウトロ漁港に隣接し、その名の通りウトロ漁協婦人部が運営するこの店は漁港の業者さんが朝食とかで利用するため、8:30開店と早い時間に営業しているのがありがたい。オーダーしたのは鮭親子丼。


あんまり天気がいいもんだから知床から離れたくなかったんだけど、明日の夕方には苫小牧東港に行かなきゃいけないから内陸部に移動。途中で元「ライダーの聖地」こと開陽台へ。ぐるーっと地球が丸く見える景色は気持ちよいが、聖地が聖地であり続けるのは大変らしい。


開陽台を後にすると、養老牛の林道を通って養老牛温泉からまつの湯へ。石を組んだだけの湯舟は本当に渓流沿いにある。周囲を森に囲まれているため生活の気配はなく、聞こえてくるのは風と森のざわめき、川のせせらぎとお湯がちょろちょろと流れる音ぐらいである。そんな温泉に浸かっていると自然と一つになるようで癒される反面、静けさがちょっと怖かったりして。

で、この後に弟子屈の街に入ったところで今年流行のゲリラ豪雨。セイコーマートで1時間ほど雨宿りするも雨は一向にやみそうにない。こんな天候ではキャンプもできなさそうだし、意を決して雨中の阿寒横断道路を横断して足寄町の大阪屋食堂へ。食事をすると食堂の2階に無料で宿泊させてくれるライダーハウスで、こんな雨の日は感謝以外の言葉が見当たらない。そう言えばライダーハウスに泊まるのは7年ぶり。普段はキャンプで静かな夜を愉しんでいるのだが、ライダーハウスは手っ取り早く友達ができるのがいいね!!近くのコンビニで酒を買って同宿のやつらとだらだら。遅く来たやつがいると思ったら、なんとRSRで隣にテントを張っていたやつじゃねーか!!偶然にしてはスゴ過ぎるなーって、まったり・しっぽりと酒を飲んで就寝。今年の北海道の最後の夜が終わる。

0 / 1 / 2 / 3 / 4



同じカテゴリー(Bike Touring)の記事画像
群馬ツーリング'15春 -DAY 3-
群馬ツーリング'15春 -DAY 2-
群馬ツーリング'15春 -DAY 1-
福島ツーリング'13秋 -DAY 2-
福島ツーリング'13秋 -DAY 1-
北海道ツーリング'13夏 -DAY 5-
同じカテゴリー(Bike Touring)の記事
 群馬ツーリング'15春 -DAY 3- (2015-05-13 08:00)
 群馬ツーリング'15春 -DAY 2- (2015-05-12 08:00)
 群馬ツーリング'15春 -DAY 1- (2015-05-11 08:00)
 福島ツーリング'13秋 -DAY 2- (2013-10-29 08:00)
 福島ツーリング'13秋 -DAY 1- (2013-10-28 08:00)
 北海道ツーリング'13夏 -DAY 5- (2013-08-26 08:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。