2008年10月14日

八幡平ツーリング'08秋 -DAY 1-

体育の日の三連休は八幡平ツーリングに行ってきた!


秋の行楽シーズンとは言うものの、東北地方では体育の日の三連休辺りがキャンプツーリング可能な最後の週。この機会を逃したら来年のGWまでキャンプできねーよ!ってことで、紅葉に合わせて八幡平に行ってきたのだ。三連休初日は悪天候のため連休二日目に出発したのだが、結果的に八幡平はこの時期にキャンプできる日本の北限であることを思い知ることになる。


普段通り朝8:00に自宅を出発すると、国道47号・国道13号を経て遅い朝食に横手焼きそば。B級グルメとかすげー流行っているのに、10:00から開店しているのがありがたい。


で、その2時間後にはぴょんぴょん舎でB級グルメをハシゴ。盛岡冷麺の人気店といっても、その実は焼肉店なのでお一人様はちょっと肩身が狭い。


盛岡市に突入すると眼前にそびえる岩手山。この山を見ないと岩手県に来たという実感が湧かないし、山は地域のシンボルなんだな、とつくづく思う。校歌で必ず取り上げられるし。八幡平を目指すも三連休×紅葉でひっきりなしの大渋滞。これはちょっと時期を誤ったか?


八幡平へと突入すると秘湯をハシゴ。八幡平アスピーテラインから500mほど枝道に入ったところにある蒸の湯温泉は岩肌から湯煙がモウモウと上がる野天風呂。何気に野天風呂よりもぬるめのお湯の内湯の方がよかったりして。


続く後生掛温泉は湯治村の宿泊棟と棟続きになっているので外観こそよくわからないが、高い天井に丸太の柱と年季の入った木造のそれはまるで昔の木造校舎の体育館のようで、これぞ湯治場!火山風呂・蒸し風呂・泥湯・滝湯と色んな風呂があって、どれに入ろうかと考えるだけでワクワクする。特に木箱の中に頭だけ出して温まる箱蒸し風呂や湯舟の底に泥が堆積している泥風呂なんてヨソじゃめったに愉しめない。


で、この日の宿は後生掛温泉のそばの大沼キャンプ場。この季節の八幡平は想像以上の渋滞と寒さで、夜風が冷たくてテントの中じゃないと自炊できないしなかなか寝付けない。この時期にこの周辺でキャンプするにはそれ相応の装備と覚悟が必要ってこと。

1 / 2



同じカテゴリー(Bike Touring)の記事画像
群馬ツーリング'15春 -DAY 3-
群馬ツーリング'15春 -DAY 2-
群馬ツーリング'15春 -DAY 1-
福島ツーリング'13秋 -DAY 2-
福島ツーリング'13秋 -DAY 1-
北海道ツーリング'13夏 -DAY 5-
同じカテゴリー(Bike Touring)の記事
 群馬ツーリング'15春 -DAY 3- (2015-05-13 08:00)
 群馬ツーリング'15春 -DAY 2- (2015-05-12 08:00)
 群馬ツーリング'15春 -DAY 1- (2015-05-11 08:00)
 福島ツーリング'13秋 -DAY 2- (2013-10-29 08:00)
 福島ツーリング'13秋 -DAY 1- (2013-10-28 08:00)
 北海道ツーリング'13夏 -DAY 5- (2013-08-26 08:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。