2010年08月02日

蔵王山登山'10夏

こんな暑い日は蔵王に登ってきたよ!

富士山に登ったら()登山の面白さに目覚めたみたいで、やっぱり基本は自宅から見える山だよな!ってことで、山形市から間近に見える蔵王に登ってみることに。


まずはバイクで蔵王エコーラインをひたすら走り、お釜行きのリフト乗り場へ。いきなりリフト乗り場に行くあたり、登山ファンのする行動じゃないようなww初心者らしく、ムリをせずに謙虚に行くよ。


往復700円を支払ってリフトに乗車。片道6分で頂上を目指す。リフトはちょうど熊野岳と刈田岳の真ん中ぐらいに到着し、ちょうどT字型に道が伸びる感じ。


リフトを降りると右手に刈田岳。斜面も緩やかで、いやー、これは登山じゃねーわ。完全に遠足気分。周辺も平べったい感じなので、あまり展望も開けていない。


その頂上にある刈田岳山頂神社で御朱印げっと。正直言って達成感はない。当然ながら気合の入った登山客は皆無に等しい。なにせ、リフトどころか有料道路を使えばここまでクルマでこれるんだもん。


来た道を振り返ると蔵王連峰の主峰の熊野岳と蔵王のお釜。遠足気分のゆるーい感じが蔵王山登山の魅力ってことになるのだろうか。


刈田岳に続いて熊野岳に登るのだが、標高の関係で周辺に木々は生えておらず、展望も開けていない。蔵王のお釜が唯一の楽しみで、左側の淵が崩れそうですげー気になる。


で、熊野岳の山頂の蔵王山神社。刈田岳から45分ほどで、これだけ簡単に登れる百名山も他にないと思うが、これだけ達成感のないのも他にないだろう。


熊野岳の向こうにはスキーで何度か行ったことのある地蔵山。本当に登山が好きな人はこちらから登るのだろうが、初心者だし道もよくわかっていないので、リフトでお手軽に登っちゃうという判断は間違っていないはず。


で、リフトで下って玉こんげっと。蔵王山登山なんて名乗っているけれど、それほど鼻息を荒くするようなものでもなく、ヤマガタの夏をお手軽に満喫中。


そして〆はもちろん蔵王温泉大露天風呂。白く濁ったお湯といい、渓流沿いのロケーションといい、ある程度管理された露天風呂ではここがベストと言ってもいいぐらいではないだろうか。山を登った!っていう達成感には乏しいかもしれないけれど、温泉とセットで休日の蔵王を満喫したという充実感はばっちりなので、遠足気分で気楽に登ってみるのがいいと思うよ!



同じカテゴリー(Mountain Trip)の記事画像
富士山登山'10夏 Part 3
富士山登山'10夏 Part 2
富士山登山'10夏 Part 1
鳥海山登山'07夏
同じカテゴリー(Mountain Trip)の記事
 富士山登山'10夏 Part 3 (2010-07-23 08:00)
 富士山登山'10夏 Part 2 (2010-07-22 08:00)
 富士山登山'10夏 Part 1 (2010-07-21 08:00)
 鳥海山登山'07夏 (2007-08-13 08:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。