2015年05月13日

群馬ツーリング'15春 -DAY 3-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきたよ!その3日目。


前日に泊まった渋川市総合公園が素晴らしい。利用料1,000円で伊香保温泉、水沢うどん、コンビニもバイクで5分圏内だし、少し足を伸ばせば渋川市街と榛名山も30分圏内。GWも空いていたので平日で誰もいないようだとちょっと怖いけど、群馬県のほぼ中央に位置しているので、ここに連泊してツーリングするのもいいかも。群馬県の常宿はここか天神の湯で決まりだな!


早起きしたらまずは榛名山に向かって榛名神社を参拝。聴いたことのない名前だと思ってナメてたら、随神門から片道15分の参道を歩き、清流と老杉、岩壁に囲まれた極上のパワースポット。片道15分の参道が平坦だというのも老体には有難い。


で、榛名山を下りて遅めの朝食に水沢うどん。伊香保温泉からバイクで5分、お店によっては9:00から営業しているのがありがたい。


訪れたのは水沢うどんの元祖を謳う田丸屋。讃岐うどん・稲庭うどんと並んで日本三大うどんに数えられるだけあって(諸説あり)うめーうめー。讃岐うどんを上品にした感じと言えばわかりやすいかな。


そして、群馬ツーリングの〆を飾るのは四万温泉の積善館。ここの元禄の湯は昭和5年に建てられたモダンなデザインの浴場で、秘湯ファンとしては長年憧れていた温泉。入口で撮影禁止とデカデカと貼られていたので、浴場はコチラを参照。実際に入ってみたら浴場と脱衣所の間に仕切りがないタイプで、脱衣所から見下ろす浴場の風景がほんと素晴らしい。


と、四万温泉を後にすると鶴岡まで一気に帰って群馬ツーリングは終了。群馬県なら2泊3日もあれば充分だと思っていたんだけど全然足りなくて、常宿も見つけたことだしまた時間を見つけてまわりたいところ。まずはフジロック'15は早朝に出発して会場入りする前に法師温泉かなー。


【おまけ】帰り際にみなかみ町のGSで遭遇したお侍。ちょっとだけ話して一緒に走ったんだけど、観光地やコスプレイベントの"いかにも"って感じじゃないのがクールでかっこ良かったよ!
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2015年05月12日

群馬ツーリング'15春 -DAY 2-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきたよ!その2日目。

朝6:30頃に目を覚ますと、さっさと身支度を済ませて7:00過ぎに天神の湯を出発。健康ランドはこれができるからいい。テント泊だと後片付だけで1時間は見なきゃいけないからね。


まずは上毛三山の一つ妙義山。妙義と言えばレッドサンなのはこの世代特有の共通認識。ギザギザのシルエットがカッコイイ!


妙義山中腹にある妙義神社。この歳になるとこれくらいの石段も応えるようになってきた。最近は山も登らないでラーメンばかり食ってるからな。。。


妙義山から横川、軽井沢と続けざまに渋滞にハマって鬼押ハイウェーで浅間山の東を抜ける。この後は万座温泉で混浴露天風呂につかり、草津で大渋滞にハマり、川原湯温泉で移転リニューアルした共同浴場王湯につかるも、どうも物足りなくて尻焼温泉へ。


雪解け水の多い5月は入浴不可だったらどうしよう?という不安も杞憂に終わり、尻焼温泉の駐車場はほぼ満車。川をせき止めた巨大な混浴露天風呂には人いっぱいいるし!


もう3回くらい着てるけど、尻焼温泉はほんと秘湯の野湯ながら安定感抜群だ。俗世間から隔離された空間だからか、男性の水着着用率は50%を下回っており、全裸でつかっていても変態だと思われないw


もちろん女性は100%水着というか着衣なんだけど、どうしてもアレなら手前の湯小屋でも充分過ぎるほど魅力的な露天風呂だし、群馬県をツーリングするのなら尻焼温泉は押さえておきたいところ。

この日は伊香保温泉の近くにある渋川市総合公園でキャンプ。ここ、かなり居心地がいいので群馬県の常宿になりそう!
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2015年05月11日

群馬ツーリング'15春 -DAY 1-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきた!


この時期の東北地方はキャンプするにはまだまだ寒いので西日本を目指すのがGWのツーリングのセオリー。しかし、今年は北陸新幹線の開通で北陸地方は混雑が予想されるので、南に針路を取り関東地方を目指すことに。そういや、群馬県って草津周辺しか行ったことないよなーってことで、群馬県にエリアを絞ってツーリングすることにしたのだ。


朝7:00に自宅を出発すると、関越道をひたすら南下。フジロック()で散々通った道だけど、新潟県は新潟地方を名乗れるくらい広いな!ようやく新潟県を抜けて群馬県に入った頃にはお昼なってるし!


関越道を一気に南下し、北関東道に乗り換えて太田市へ。もちろん昼食はご当地のB級グルメ、上州太田焼きそばの名店・中村屋へ。


中村屋にて上州太田焼きそばを初体験。ネットで調べて知ってたけど、ほんと黒い!


昼食を済ませると太田市から一気に北上して赤城山へ。群馬ツーリング初日は県東部の赤城山周辺をぐるっとまわるイメージで。


赤城山北麓の昭和村に来ると、遠くに谷川岳がきれいですなー。この後は赤城山の麓をぐるっとまわって桐生市へ。桐生名物のひもかわうどんを食べたいがために、ちょう非合理的なルートを辿ることに。なんたって、太田市で昼食をとったすぐ後に桐生市を通ってるからね。


赤城山の麓をぐるっとまわって桐生市に着いたのは19:00頃。この日が暮れてから宿も決まっていないのに地方都市をぶらぶらしていると、GWだなーって感じするwwここ数年ほんとそんな感じだったし。


ひもかわうどんの人気店・ふる川暮六つは2時間も待っただけあって空腹のスパイスがっつり効いてるし!一反もめんのようなひもかわうどんは箸でつまむとずっしりと重く、並んででも食べた甲斐あったわ!さすがにもう一度2時間待つかって言われたら躊躇するけどな!

この日の宿は前橋ICのそばの天神の湯。国道沿いの立地に24時間営業、仮眠用ベッドも指定と使い勝手がよく、『ヒカルの碁』を読むのに夢中になってたら25:30を過ぎていて慌てて就寝。明日は県西部をまわるよ。
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2013年10月29日

福島ツーリング'13秋 -DAY 2-

もう1ヶ月近く前の話だけど、9月末に福島ツーリングに行ってきたよ!その2日目。


キャンプツーリングは早寝早起きが基本だよな!ってことで、5:30頃にお目覚め。速やかにテントを撤収すると、人が動き出す前にバイクで出発する。今日は走るよ!


猪苗代湖から土湯峠を経て磐梯吾妻スカイラインへ。この日は天気も良くてちょう気持ちいい!磐梯吾妻スカイラインは震災以降に無料化されてからは渋滞することが多いんだけど、これだけ速い時間帯は交通量ゼロに近い。早起きは三文の徳ってやつだな!


浄土平の手前の荒野を抜ける。日本じゃないみたいだな!


浄土平のレストハウスにバイクを停めて、吾妻小富士へのプチ登山。足下がエンジニアブーツというのがキツい。。。


吾妻小富士から来た道を振り返る。磐梯吾妻スカイラインと雲海、その向こうにある山はなんて山だろう?


磐梯吾妻スカイラインから裏磐梯にきて五色沼。しっかし、天気いいなぁ。


裏磐梯から喜多方に降りてきて、二日連続で喜多方ラーメンで麺活。坂内食堂の大行列をスルーして、老舗のあべ食堂。ここもギリギリ並ばずに入店できるタイミングで滑り込み。


オーダーしたのは中華そば。喜多方ラーメン特有のぷよぷよ麺にマイルドなスープがうめーうめー。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年10月28日

福島ツーリング'13秋 -DAY 1-

もう1ヶ月近く前の話だけど、9月末に福島ツーリングに行ってきたよ!


9月末の週末は天気がよかったので福島県をツーリング。特に東北地方だと快適にキャンプできるのは9月いっぱいがいいとこなわけで、今年のキャンプツーリングの〆の意味も込めて福島県に行ってきたのだ!


山形市を出発すると、米沢市から大峠を越えて喜多方へ。福島ツーリングと言えば喜多方ラーメンを攻略するのがデフォなわけで、今回は一平をチョイス。ちょうど並ばずに入店できるギリギリのところに滑りこみ。


オーダーしたのはじとじとラーメン。見た目どおりの背脂チャッチャ系ながら意外とスッキリしたスープで食べやすい。喜多方ラーメンのように有名な御当地ラーメンって、どうしても特定の老舗に人気が集中しがちなんだけど、こういう新進気鋭のお店が現れることによって新陳代謝を促すことが大切だと思うんだな。


喜多方を後にすると、只見川沿いをのんびり。ゆったりした景色が気持いい!GWにも行ったことがあるんだけど、水量豊富な春先がベストシーズンなのかな。


で、夕食は会津若松市の名店・牛乳屋食堂へ。会津若松と言えばソースカツ丼が有名だけど、芦ノ牧温泉にある牛乳屋食堂はラー博にも出店したことのある老舗のラーメン店。


オーダーしたのはラーメンとミニソースカツ丼のセットで。シンプルかつスタンダードな味で、要するに一ヶ月も前に食べたので忘れたww但し、接客のおばちゃんがすごく元気で親切なのが印象に残ってるなー。つまり、味よりも接客の方が記憶に残る。夕食を済ませてお店をでるとすっかり真っ暗になっていて、秋分の日を過ぎると暗くなるのが早いな!この日は猪苗代湖まで走って湖畔でキャンプ。おそらく2013年最後のキャンプだね。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年08月26日

北海道ツーリング'13夏 -DAY 5-

今年の夏は北海道ツーリングに行ってきたよ!その最終日。


最終日ということで18:30までに苫小牧東港に到着しなければいけないというプレッシャーからか、早朝4:00に目を覚ましてテントの撤収作業。ここ霧多布岬はその名のとおり霧が多いことで有名で、前日の霧が晴れた風景と両方見れたおれはツイている方なんだろうね。


ここ浜中町で霧多布岬と双璧を成すビューポイントがこの琵琶瀬展望台。予想どおり霧で何にも見えないし!20分位粘ったんだけど、霧が晴れる気配がないので出発することに。こんなことなら前日の夕方に訪れておくべきだったかな。


霧多布湿原を抜けるMGロードは霧の向こう側に一直線。ある意味、道東らしい風景でもあるんだけど。


ちょうど8:00に釧路市内に到着したので、朝食は和商市場で勝手丼。市場内でご飯を購入して、それに魚介類を買い足していくんだな!


で、完成した勝手丼。何だかんだで欲張っちゃって2,000円以上の豪華海鮮丼になっちゃうのが悩みどころ。地元民に言わせればもっといい店はあるんだろうけど、こういうのってコスパ重視じゃなく話題性とかも含めて楽しむものだと思うんだな。


それから国道38号線で十勝管内に入ってハルニレの木。道東に括られる十勝管内も釧路や根室と比べれば"道央に毛が生えたようなもの"で、だいぶ道東っぽさも薄れて旅の終わりが近づいてきた感じ。


時間に多少余裕があるようなので、帯広市郊外の旧幸福駅。


駅舎の中は幸福を願う人々のメッセージでいっぱい。こういうのって最近は流行んないんだろうけど、この手の1960年代の北海道ってすごい憧れる。おれが旅したいのは道東でも道北でもなく、1960年代のコンビニもない未舗装の道道が伸びる北海道であることに気付かされる。


そして、ここも国鉄の廃止に伴い廃駅に。あれから20年以上経っているけど、幸福駅を訪れたい人はこんなにいるわけだ。


日勝峠を抜けて苫小牧東港に向かうため、昼食は清水ドライブインの牛トロ丼。高級食材っぽい名前に反して、その正体は牛肉の冷凍フレークをかけたもので、意外とジャンク系が感じがたまんない。北海道ってこの手のジャンク系の食べ物ってありそうでなかったかも。


そして18:00に苫小牧東港に到着。当初の計画で行こうとしていた道北やオホーツクは全く行くことができなかったけれど、3年ぶりの北海道ツーリングは楽しかったよ!来年こそは道北・オホーツクを巡るためにまた北海道ツーリングする理由ができちゃったな!


と、こんな感じで北海道ツーリングは終了。上陸初日こそ予定どおりの行程だったものの、2日目からは悪天候を考慮して当初の計画とは全く行程を踏むことにwwもっとも、こうやって計画を無視して雨雲から逃げるようにツーリングできるのって北海道くらいだし、そういう環境変化に適応できるだけのノウハウを積んできたんだなぁ、と。来年こそは道北・オホーツクに行きたいと思うけど、行程については柔軟に対応できるようにしておいた方がいいよ!

0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年08月23日

北海道ツーリング'13夏 -DAY 4-

今年の夏は北海道ツーリングに行ってきたよ!その上陸4日目。


この日も前夜に続いてライダーハウスでお目覚め。外の様子を確認すると雨模様で朝からテンション下がり気味。同宿のメンバーの中には早くも連泊を決める人もいたりするんだけど、翌日のフェリーで帰るので移動しないわけにはいかないわけで。


取り敢えずライダーハウスを出発して近くのコンビニで缶コーヒーを飲んでいると、根室方面は晴れているとの情報をgetして知床峠を越えて羅臼に向かうことに。そしたら知床峠は霧と豪雨wwそういや、おれが初めて知床峠を走ったときも霧で視界10mくらいで、8月なのに峠の気温は7℃だった。


峠を越えたらすっかりずぶ濡れになったので無料露天風呂の熊の湯。モーレツに熱いことで有名で、この手の温泉は一気に肩まで使ってしまった方がいい。ここ知り合ったタンデムツーリングしている親子の姿がよかったなぁ。


そういや、朝から缶コーヒーしか口にしていないな、ということで昼食は羅臼にある純の番屋。『北の国から』のロケセットを飲食店として活用しているお店。


魚介類てんこ盛り。同じ知床半島でも観光地として整備されているウトロと違って羅臼は放任主義というか何というか…。民宿とかに泊まってみるのもいいのかもしれないね。


北方領土が見えないのは残念だけど、根室に向かって走っていたらいつの間にか天候は落ち着いてた。北方領土絡みの看板が多いこの地域、国境の街…ではないわけで。


日本最東端の納沙布岬を訪れるのは'07以来()6年ぶり。当初の計画ではこれっぽっちも行く気はなかったんだけどww


せっかく根室まで来たのでどりあんでエスカロップ。味がウマいのは勿論だけど、この純喫茶の趣がたまらない。


この日は霧多布岬まで足を伸ばしてキャンプ。ここは天候が良ければ水彩画みたいな景色が広がるお気に入りのキャンプ場。陽が沈むと外は寒いのでテントの中でちびちびと晩酌。道内最後の夜だと思うとせつない気分になっちゃうね。明日で北海道ツーリングも終わりだよ。

0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年08月22日

北海道ツーリング'13夏 -DAY 3-

今年の夏は北海道ツーリングに行ってきたよ!その上陸3日目。


キャンプだと5:00とかに目が覚めるんだけど、ライダーハウスだと寝心地が良すぎて6:30に起床。この日の朝食は帯広卸売市場の市場食堂の朝定食。上陸3日目にしてようやくの魚介類。それも帯広でってww


この日はまず上士幌に北上してバルーンフェスティバル。ライダーハウスで同宿したメンバーに「この日(土曜日)の夜に行われるライトアップがちょう感動的」と薦められたんだけど、そこは強い意志で東を目指す!


足寄から阿寒湖を目指して走っていると、"ラワンブキ観賞ほ場"の看板があったので行ってみることに。ラワンブキって足寄町螺湾(らわん)地区に自生する巨大なフキで、確かにこの辺りは道端に生えているフキは遠目に見ても大きいのばっかり。


そしたら、観賞ほ場のフキは人の背丈くらい大きいしし!収穫期の6月頃に来たらもっと瑞々しいのかな。


足寄町螺湾地区からハードなダートを走ってオンネトー。


そして阿寒横断道路を抜けて弟子屈町から美幌峠に向かう国道沿いにある弟子屈ラーメン総本店。ラーメン空白地と言ってもいい道東の弟子屈から札幌に出店攻勢をかける勢いのあるお店。その総本店。


オーダーしたのは魚介しぼり醤油。時間が経って味の記憶は殆どないんだけど、"てつや"みたいな感じだったような。結果的に今回の北海道ツーリングで麺活したのはこのお店だけだったんだけど、ウマかったよ!


そして道東有数のビューポイントでもある美幌峠。カメラのレンズに収まりきらないダイナミックな風景。ただ、美幌峠を越えたら霧とともに雨が降り出したので、ソッコーでUターンしたww今回のツーリングは基本的に雨雲から逃げるルート設定。当初の計画では、今頃稚内からオホーツク海沿いを南下してたんだよな。


清里峠から斜里に抜けるべく、途中の養老牛温泉からまつの湯で一休み。前日の吹上温泉に続いて、ここでも誰もいなくて貸切状態。ここ養老牛温泉からまつの湯は道路が舗装されて行きやすくなったんだけど、舗装路からダートに入るところに看板も何も無いので初めての人にはわかりにくいのかな。


知床半島の付け根、斜里町に入って本日の宿のライダーハウスクリオネ。ここは前夜に止まったPitで同宿したメンバーが軒並み絶賛していたので泊まってみようと思ったライダーハウス。実際に利用料500円で風呂・布団つきなんて、これ住み着いてしまうだろ。


そして一人1,000円で同宿のメンバーによるジンギスカン。ライダーハウスはこうやって日本中から集まってきたバイク乗りと手っ取り早く仲良くなれるのがいいよね。世の中には色んな人がいるんだなーって。もう、オホーツク・知床でライダーハウスと言えばここで決まりだな!

0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年08月21日

北海道ツーリング'13夏 -DAY 2-

今年の夏は北海道ツーリングに行ってきたよ!その上陸2日目。


この日の朝はフライシートを叩く雨粒の音でお目覚め。フライシートを叩く雨粒の音って結構心地良くもあるんだけど、雨の中でのテントの撤収はかなりの苦行。そして、雨の中をバイクで走るのは言うまでもなく…。


朝食はセイコーマートのちくわパンのFIREミルクテイストで。当初の計画では岩見沢から稚内を目指す予定だったんだけど、アメダスによると帯広の方がまだマシとの情報をgetして富良野経由で帯広を目指すことに予定変更。後から稚内に行った人の話を聞いたら、"洗濯機の中を走っているようだった"とのこと。


岩見沢から富良野へは1時間半くらい。ちょうど昼食時に到着したので、富良野の人気カレー店・唯我独尊でランチ。カレーよりもまず、ほったて小屋みたいなこの外観がイイ!


オーダーしたのはソーセージオムカレー。なんだか毎日カレーライス食べてるな…。このお店の魅力は、ほったて小屋みたいな外観の店舗、おいしいカレーライス、そしてオーナーらしき人によるレジを打ちながらのMCなんだと思う。行った人じゃないとわからないんだろうけど。


食後の眠くなったところで吹上温泉露天の湯。雨の日は景色がイマイチなので、走るよりも温泉とウマいもんだよな!『北の国から』で宮沢りえが入浴して有名になった温泉なんだけど、雨の影響か貸切状態。


その後は富良野から樹海峠と狩勝峠を越えて帯広へ。狩勝峠なんて霧で視界50mも無くてマジかー!って感じだったんだけど、十勝平野に入ったら雨が止んでた。雨の中を頑張ったご褒美に帯広の六花亭本店。


お土産を地方発送すると、サクサクパイとその他諸々のお菓子にコーヒーフリーでうまうま。せっかくだから夕食も済ませていくか…。


…ということで、ぱんちょうの豚丼。豚肉×タレ×お米のコンボって、庄内産でもウマい豚丼ができそうなんだけどね。ぱんちょうは六花亭本店にバイクを停めれば徒歩圏内なので、帯広に来たらセットでオススメ。


で、この日は雨でキャンプは大変そうなので、西帯広駅のそばにあるライダーハウスPitに宿泊。ここ、初めて利用したんだけど、利用料1,000円で屋根付き駐車場と布団がついて、+1,000円でシャワーも浴びれるので、十勝管内でライダーハウスと言えばここで決まりだな!同宿のメンバーとジンギスカン食べて部屋でだべって23:00に就寝。ライダーハウスは盛り上がって夜更かししがちだww

0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年08月20日

北海道ツーリング'13夏 -DAY 1-

今年の夏は北海道ツーリングに行ってきたよ!その上陸初日。


深夜便のフェリーで朝6:20に函館港に到着。そして北海道に上陸!もうね、かれこれ10回位この時間帯に函館経由で北海道に上陸しているんだけど、函館で朝食と言えば函館朝市よりもハセガワストアなわけで。


で、朝食はハセガワストアのやきとり弁当とソフトカツゲンwwオーダーしてから焼鳥を焼くというこだわりようで、おれ的にはラッキーピエロと双璧を成す函館グルメ。


この日は洞爺湖を経由して札幌を目指す。天候は雨こそ降らなかったものの、白い雲で覆われたうす曇りの一日。もっとも、今回のツーリングでまともに太陽が顔を出すのは最終日だけなんだけどww


札幌に到着したのは13:00頃。昔は11:30には札幌入りしたと思うんだけど、歳とともに休憩時間が長くなっているということか。あと、札幌市内は混雑しているので、市街地に入ってから目的地までが長い。そして、今回の目的地は北海道を代表する人気スープカレー店"らっきょ"。


"らっきょ"は社長が学生時代のバイトの先輩で、店長がバイトの後輩ということで贔屓にしているお店。奇をてらわない王道スープとホロホロの鶏肉・道産野菜がうまーい!


ここで、バイクのバッテリーからUSBでスマホの電源を引いているんだけど、うまく充電ができないなぁ…ってことで、札幌市内のバイクショップで修理点検。結果的にUSBの機械が過電流?により故障していたとのこと。交換の出費も痛いけど、結果的に夕方までかかった時間も痛い。ただ、考えようによっては札幌市内だから交換することができたと前向きに考えるべきなのかな。

この日は岩見沢まで走って北村中央公園ふれあい広場でキャンプ。芝生のキャンプサイトに水洗トイレと水場を完備。徒歩5分圏内に温泉とセイコーマートがあって、これで利用料0円なんだから、空知でキャンプするならここで決まりだな!

0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年05月17日

北近畿ツーリング'13春 -DAY 4-

GWは北近畿ツーリングに行ってきたよ!その4日目。


最終日は京都市内のゲストハウス小世界旅社を出発。京都市内にはこういう町屋を改装したゲストハウスがたくさんあるので、相部屋・素泊まりとか全然OKな人はこういう宿に泊まった方が絶対オモロイ。せっかく京都に来たのに在り来りなビジネスホテルなんて味気なさすぎるからね。


北近畿ツーリングも実質この日が最終日ということで、一気に福井県まで行って敦賀市の氣比神宮。越前国一宮であり日本三大木造大鳥居の一つでもあるこの神社。神社の細かいことよりも、国道8号線の交差点という市内の一等地に鳥居がデンと構えているのにぐっとくる。


国道8号線を北上するところで敦賀湾。日本海側の国道8号線を北上なんて言うと、いかにも海岸線を走るイメージがあるんだけど、実際には敦賀市近郊と親不知から糸魚川の辺りしか海が見えるところは無かったような。


高速で一気に山形に帰るというプランもあったんだけど、山形県民としては福井県ってなかなか滞在する機会がないことだし、せっかくなので満喫する方針で。まずは福井県と言えば永平寺。新緑がまたいいっすなー。


永平寺は曹洞宗の僧侶が修行するお寺なわけで、こういうとこに来るとおれも1週間くらい俗世間の喧騒から離れて修行とかしてみたくなる。学生の頃の"合宿"ってもっかいしてみたいよね。


氣比神宮、永平寺と来て、もういっちょ福井県と言えば東尋坊。到着するなり遅い昼食の海鮮丼がうめーうめー。空腹というスパイスもがっつり効いてるし。


そして福井県を代表する観光地の東尋坊。東尋坊というとサスペンスドラマで犯人が逃げ込んだりする寂しいイメージがあるんだけど、いざ訪れてみると意外なほど食べ物屋さんが充実している陽気な雰囲気の場所だった。こんなところに逃げ込む犯人はあほだな。


で、この日のうちに山形まで帰れそうになさそうなので、この日は富山市内でキャンプしたところで北近畿ツーリングも一段落。近畿地方って京都・大阪・神戸・奈良といった辺りはメジャーな観光地なのでちょこちょこ行く機会があるんだけど、日本海側の北近畿地方、そして隣接する福井県はなかなか行く機会がないのでいい経験になったわー。特に朝来市の竹田城跡はあの"遺跡っぽさ"がたまんないんだけど、昨今の城ブームやインターネットを介して有名になりつつあるので、手垢にまみれる前に行った方がいいと思うよ!

1 / 2 / 3 / 4
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年05月15日

北近畿ツーリング'13春 -DAY 3-

GWは北近畿ツーリングに行ってきたよ!その3日目。


この日はすごく天気がよかったので前日に続いて竹田城跡へ!8:00に竹田城跡に行ったら既に30分の駐車場待ち。山頂に城郭が設けられた山城なので駐車場のキャパが限られているというのが原因なんだけど、結果として入場が制限されて入場者数の適正化にも繋がっているような。


城郭に登って入口の坂道を振り返ると、まさに"天空の城"と言われる風景が。石垣が段をなして遺跡っぽい感じがたまんない。


竹田城跡から下界を一望。気象条件が揃うと雲海の上に浮かぶように見えるんだってさ!見てみたいもんですなぁ。


急峻な斜面に反り立つ石垣。右手の高台が天守台跡っぽいところ。


天守台跡から南方を臨むこの風景が"日本のマチュピチュ"と言われる所以。竹田城跡って1600年に廃城になってから400年以上にわたり城主のいない"廃墟"なので、建物は石垣しか残っていないし、しかもいい感じで朽ちているのがこの場所の魅力なんだと思う。


入口とは反対側の武の門。整備されているのは階段と標識くらいで、余計な手が加えられていないというのも"遺跡っぽさ"のポイント。


二日続けて竹田城跡に来ちゃったけど、ここは何回来ても長居したくなる場所。ここんとこ有名になりつつあるみたいなので、ヘタに観光地化する前に行った方がいいと思うよ!


竹田城跡の後は丹後半島に足を運んで、まずは昼食がてらにとり松で名物のばらずしを。


丹後半島をぐるっと一周。この辺は丹後松島という特徴的な岩礁が続くとこ。


丹後半島と言えば伊根の舟屋。こういうとこって見るだけじゃなく泊まってみたくなるよね!天橋立のあたりまで行ったら渋滞がひどくって、周囲に手頃なキャンプ場もないので(要予約のところばかり)宿を求めて京都市内まで行くことに。渋滞の影響もあって舞鶴から京都まで3時間以上もかかったしorz


せっかく京都まで来たので一乗寺で麺!今回は天天有で麺活したんだけど、ここ一乗寺って徒歩3分圏内に天天有・夢を語れ・高安・鶴はし…といった有名店が軒を連ね、こういうのを激戦区って言うんだろうな。京都は社寺参拝と併せて一度じっくりと麺活をしたいところ。


で、天天有で麺活。鶏白湯のとろとろスープは天下一品ライト仕様と言ってもいいのでわ。そういや、天下一品の総本店も京都市一乗寺だし。この日は小世界旅社ってゲストハウスにお泊り。3日ぶりに布団で就寝。

1 / 2 / 3 / 4
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2013年05月14日

北近畿ツーリング'13春 -DAY 2-

GWは北近畿ツーリングに行ってきたよ!その2日目。


前日からの寒さの影響もあり、夜中に断続的に目を覚ましながら早朝4:00に起床。とにかく温かくてウマいもんを食べたかったので、京都までバイクを飛ばして朝ラー。JR京都駅そばには新福菜館と本家第一旭という京都を代表する有名店が隣り合っていて、しかも早朝7:30から営業(第一旭は5:00から)してるってのがちょう便利。もちろんハシゴしちゃったしww


その後は京都市郊外の渋滞に手こずりながらも、丹波地方の山間の国道を走って兵庫県朝来市へ。ここにある竹田城跡が今回のツーリングの最大目的なんだけど、竹田城跡の駐車場に着いた途端に雨模様だし。。。


竹田城跡は所謂"山城"というやつで、駐車場から舗装された坂道を10分くらい歩くと山頂の竹田城跡に到着する。天守閣のような建物はないけれど、しっかりと組まれた石垣が確かに数百年前にここに城郭があったことを物語っている。


急峻な斜面に組まれた石垣。てか、悪天候で暗すぎww


天守台跡らしき高台から南方を眺める。この風景が"日本のマチュピチュ"とも"天空の城"とも言われる所以。


その後は出石まで足を伸ばして遅い昼食は出石の皿そば。小皿に小分けした蕎麦をそばつゆに葱とおろし、とろろ、卵と味を変えながら食べるのがオモロイ。つけ麺の味変と同じ仕組みだなww

この日は出石から約10分、豊岡市郊外の大師山自然公園でキャンプ。明日は天気が回復するそうなので、早起きするために20:00には就寝。早寝早起きの生活リズムを習慣化するにはツーリングに行くのがいいみたいだね。

1 / 2 / 3 / 4
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2013年05月13日

北近畿ツーリング'13春 -DAY 1-

GWは北近畿ツーリングに行ってきたよ!


GWは西に行くのが基本だよな!ってことで、一昨年の九州()、昨年の四国()に続いて北近畿地方をツーリング。今年のGWは北海道で雪が降るほどの記録的な冷え込みで、北近畿に至る日本海側もご多分に漏れずちょう寒い!6:30に山形市を出発してから16:00に福井ICで高速を降りるまで、「寒い」と「レギュラー満タン」以外の単語を発してないくらいガクガクブルブルしながら日沿道・北陸道をひたすら西へ。


で、16:00に福井ICを降りると遅い昼食は福井市のヨーロッパ軒総本店。会津や駒ヶ根など、カツ丼=玉子とじではないソースカツ丼が名物という地域が数ある中で元祖ソースカツ丼を謳っているお店。ちょうど今年で創業100周年ってのがタイミングいいな!


オーダーしたのはもちろんソースカツ丼。薄切りのロース肉をきめ細かいパン粉でカラッと揚げてあり、ウスターソースを染みこませたそれはかなり上品な印象。刑事ドラマの取り調べに出てくるようなそれとはちと違う。


この日は福井市から下道を頑張って琵琶湖の湖畔の海津大崎キャンプ場でキャンプ。福井に入った辺りで寒さは一段落したんだけど、日が暮れると一気に冷え込んだので20:00にはシュラフにくるまって就寝。初日は距離を稼ぐために走ってばっかりだったけど、いよいよ明日からは北近畿を満喫するよ!

1 / 2 / 3 / 4
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2012年10月19日

福島ツーリング'12秋

週末は福島にツーリングに行ってきたよ!


こんな天気がいい日は福島に日帰りツーリング!ってことで、まずは飯坂温泉の鯖湖湯でひとっぷろ。


そっから磐梯吾妻スカイラインを走ったら、高湯温泉の辺りから浄土平にかけては行楽シーズン×無料開放中ってことで浄土平まで絶賛渋滞中。


浄土平まで来たら吾妻小富士にプチ登山。お鉢巡りなんてのもあるらしいが、エンジニアブーツでそれは勘弁してくれ。


裏磐梯まで来て五色沼。紅葉にはちと早かったか。来るなら10月最終週辺りがベストなのかもなぁ。


で、福島ツーリングの〆は喜多方ラーメンということではせ川。チャーシューなんて箸で触れただけでほぐれるほどのとろっとろ。


と、そんな感じで福島ツーリング'12秋は終了。ちょうど全行程300kmくらいなので、日帰りツーリングにちょうどいい感じ。今回は喜多方でラーメンを食べたんだけど、会津若松でソースカツ丼を食べたり、山都で蕎麦を食べたりとオプションが効くのもいい。今年のツーリングもこれで最後かな。  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2012年09月21日

越後妻有ツーリング'12夏 -DAY 2-

9月の三連休は越後妻有にツーリングに行ってきたよ!その2日目。


この日は十日町市の郊外にあるOUTLANDってキャンプ場で目を覚ましたんだけど、このキャンプ場はコテージが全部違うくて一つの街みたいですげーな!おまけに自然の中で星空とかすげーきれいなのに、街に近いのでバイクで5分圏内に温泉とかコンビニもある。この設備でバイクのソロキャンプが1,500円なんて言われたら、越後妻有の常宿はここで決まりだよな!


この日の午前中は十日町エリアということで、その中核的存在の越後妻有里山現代美術館"キナーレ"。建物に入るといきなり古着の山ってのがインパクト強烈すぎる!昨年末の直島()に始まり、青森()に続いて越後妻有とアートを巡る旅の様相。


十日町の市街地から山手に入って絵本と木の実の美術館。ここは2005年に廃校になった小学校の建物を美術館として利用していて、ここがほんと楽しすぎてだな…。


まずは昇降口から体育館に足を踏み入れるといきなりこの調子。これ、本当に絵本の中にいるみたいで、小さな学校の子どもたちの楽しそうな感じが伝わってくるよね!


廊下なんかもこの調子。木造校舎の小学校で過ごした身としては、ストレスフリーのあの頃に戻りたくてしょうがなくなる。


あと、ここって校舎の周りにも色んなアートが点在していて、学校からまっすぐ家に帰れない、あの好奇心旺盛な感覚を呼び覚ましてくれる。天気もいいし、これ楽しすぎるだろ。


昼食は廃校内のHachi Cafeでカフェる。カフェのテーブルやイスは学校で使っていた木製のアレをリメイクしたものだし、窓の外はグランドってのがまたいいっすなー。この日は30℃を超える真夏日で完全に夏休み気分。いや、カレンダーは9月の中旬なんだけどww


そろそろ帰りの準備しなきゃいけないよね!ってことで、最後に星峠の棚田へ行ってみる。初日も来たんだけど、この棚田の風景の説得力はすげーな!里山特有の自然とか、そこの住む人々の営みとか、現代アートを介してそれらをより印象深くする"大地の芸術祭"は期待を遥かに上回るものだった!おれ、絶対3年後もまた来るわ!


今度こそ最後にJR下条駅にある茅葺きの塔。早いところではもう稲刈りが始まっていて、あの稲刈り特有の匂いがまた里山の魅力を再認識させてくれる。それにしても、現代アートということで作品を提供するアーティストにばかり目が行くんだけど、これらを運営して維持管理するボランティアの協力が実は一番すごそう。こういう新幹線も高速道路もない地域って排他的なイメージがあるんだけど、どうやって地域住民で合意形成してったんだろ?


こんな感じで越後妻有ツーリングは終了。今回は大地の芸術祭を目当てに1泊2日の行程でまわったんだけど、全6エリアを網羅しようと思ったら最低でも2泊3日の行程は組みたいところ。次回は3年後の2015年の開催になるわけだけど、おれ絶対また来るわ!また3年後に向けて楽しみが増えちゃったなー。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2012年09月20日

越後妻有ツーリング'12夏 -DAY 1-

9月の三連休は越後妻有にツーリングに行ってきたよ!


行ってきたのは新潟県の中でも豪雪地帯で知られる越後妻有。十日町市を中心としたこの地域ではアートを媒介にした地域づくりに取り組んでいて、特に今年は3年に1度の"大地の芸術祭2012"が開催されるということで会期中最後の三連休に行ってきたのだ!山形市から十日町市までは関越道を利用して約260km。越後川口ICまではフジロック()に行く際に何度も通ってるし、そもそも今年の2月に豪雪JAM()のため十日町市に行ってるので手慣れたもの。


"大地の芸術祭"は十日町・川西・松代・松之山・中里・津南の6つのエリアに300以上の作品があるので全てを観るのはまず不可能。よって、ある程度お目当てを絞り込んでまわるわけで、最初に行ったのが川西エリアにあるジェームズ・タレルの『光の館』。ジェームズ・タレルと言えば直島()でも彼の作品を観ているわけで、こうやって同じアーティストの異なる作品を観ているってのが"わかってる人"っぽいww


同じく川西エリアの『LACHIKU』という作品は平たく言うと竹のトンネル。現代アートって額に飾ってあるのを見るだけじゃなく、実際に見たり聞いたり触ったりと参加体験型の作品もあるから面白いよね!


昼食は小嶋屋総本店でへぎそば。山形の蕎麦とは異なるぬめっとした口当たりと天ぷらのサクサク感がうめーうめー。


十日町からトンネルをいくつか抜けて松代エリアの"農舞台"に着くと草間彌生さんのお花がお出迎え。これも直島()とか青森ツーリング()の途中で寄った十和田市現代美術館で作品を観ているので、ちょっとだけ"わかってる人"のフリできるww


この"農舞台"は建物の中に作品が展示されているだけでなく、建物の目の前の棚田さえもアートの作品に。ここってほくほく線の駅と道の駅にも隣接していて、山間に集落が点在する松代エリアにおいて交通のハブ的存在で拠点性がすごく高い。


農舞台から5分くらい山の中に入った蓬平って集落にある『蓬平いけばなの家』。古民家を改装したこの建物にはぜひ観ておきたかった作品があってだな…。建物の至るところにあるこの前衛的ないけばなのアートがほんっと楽しすぎる!


そして二階の一番奥の部屋に行くと、きた!!この存在感!!『妻有で座敷わらし』って作品なんだけど、この"何かいる感"がほんとたまんない。


もっかい農舞台に戻って、そこから10分くらい山の中に入った峠って集落にある『脱皮する家』とか『コロッケハウス』とか。こういう古民家というか空き家を活かした現代アートってほんと面白くて、何度でも足を運んでみたくなるよね。それもかなりトンガッたことをやってるのに、全く取ってつけた感じがしないというか、自然や建物の歴史とうまく調和しているというのがスゴい。

この後は星峠の棚田に感動し、十日町のキャンプ場にテントを張って20:00過ぎには晩酌しながら就寝。詳しくはまた明日ってことで。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2012年08月14日

青森ツーリング'12夏 -DAY 3-

今年の夏は青森ツーリングに行ってきたよ!その最終日。


前夜のねぶた祭の余韻もそこそこに6:00前に起床。この臨時キャンプ場ってねぶた祭開催前後の8/1〜8のみ開設されて無料で利用できるんだけど(クルマは不可)、すぐ隣に23:00まで営業してるスーパーあるし、フェリーターミナルや健康ランドにもバイクで5分圏内なのでちょう便利。これ、通年で開設してたら人が住みつくぞww


ここはバイクの数だけでも軽く100台以上はあると思うんだけど、その半分くらいは定職を持たずに日本中を旅する旅人なわけで。そういう人と話してると羨ましくて感化されそうになるよね。おれの人生最大の後悔は大学生とかの若い頃に長旅を経験しなかったこと。


テントを撤収すると青森市内の古川市場青森魚菜センターに移動して朝食を。7:00から営業しているここには名物の丼があってだな…。


お目当ては丼ごはんを買って、それに市場のお魚をのせていく"のっけ丼"。ねぶた祭で跳ねたし、ウマいもん食ったしで、青森満喫させてもらったわ!この日の青森はどんより曇り空だったので、まっすぐ山形に帰ろうとしたら秋田に入った途端に夏空って、一体おれにどうしろと。


と、こんな感じで青森ツーリングも終了。今回はねぶた祭を中心に2泊3日の行程を組んだんだけど、ねぶた祭って衣装を買って(6,500円)ドレスコードさえ押さえれば誰でも参加できるのな。バイクだと無料で利用できる臨時キャンプ場もあるし、そこって参加するためのルールやコミュニティもしっかりと形成されているので、思った以上にお手軽に参加できるんだよね。ねぶた祭って日本を代表する夏祭として日本人なら一度は観てみたい祭だと思うんだけど、これはこの先何度も参加することになりそう!

1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2012年08月13日

青森ツーリング'12夏 -DAY 2-

今年の夏は青森ツーリングに行ってきたよ!その2日目。


臨時キャンプ場で目を覚ますと近くの健康ランドのお風呂に入ってから、朝食は昨日()と同じ長尾中華そばへ、。朝ラーとうことで津軽煮干ラーメンのあっさりをオーダーしたんだけど、このお店は青森県有数の人気店だけあって、津軽煮干ラーメンのクオリティとあっさり/こってりのメニュー構成に加えて朝ラーまでやってるなんてすげーな。


その後は青森市郊外にある青森県立美術館へ。奈良美智さんの『あおもり犬』とかが有名だけど、現代アートに限らずかなり本格的かつ大規模な美術館。じっくり観ようと思ったら1時間半はほしいところで、十和田市現代美術館もそうだけど、青森県はアートがすげー充実してる。


で、そのすぐそばにある三内丸山遺跡。こういう遺跡ってガイドがいるとすげー充実した見学ができるわけで。マチュピチュやアンコールワットといった海外の古代遺跡も行ってみたいっすなー。って、実はまだ海外旅行って一度も行ったことないんだけど。


当初の予定では津軽半島をツーリングする予定だったんだけど、半島方面は曇り空だったので八甲田にある酸ヶ湯温泉へ。混浴の千人風呂が有名なんだけど、その辺は色んな問題があるわけで。ツーリングに行って何か物足りねーなって思った時は、温泉に入ってないってことが多いので、旅先の温泉は押さえるべきポイント。


で、臨時キャンプ場に戻ってねぶたの衣装に着替えると17:00にはミーティング。この日は土曜日なので期間中一番の動員が見込めるとのこと。実際バイクの数もすげー多い!


臨時キャンプ場を出たところでバイクの隊列を組むために整列。何度も言うけど、この臨時キャンプ場からねぶた祭会場へとバイクで移動するのがすげー気持ちいい!浴衣でバイク・100台を超えるバイクの行列・周囲の注目と3拍子揃って非日常感がハンパない。


臨時キャンプ場から10分ほどで指定の駐車場に到着。ほんと何台バイクあるんだ?って感じで、ねぶた祭のために日本中から集まっているというのがスゴい。みんな十年選手のベテランに見えてくるので、おれみたいなピヨピヨの新参者は取り敢えずついてくことに。話しかけたら意外と今年が初めてっていう人が多いんだけど。


ねぶた祭の会場に到着して写真とか撮っていると、19:00過ぎの号砲と同時に大太鼓が鳴り出して、ねぶた祭始まった!!この大太鼓が鳴り始めると一気に興奮する。至る所でラッセラー!って掛け声があがり、最初はリズムがバラバラなんだけど、次第に一つになっていく。そのリズムが一つになって、ラッセラー!ラッセラー!って跳ねる時の高揚感といったら!


ねぶた祭は19:00から21:00まで2時間かけて青森市内中心部を一周するんだけど、とてもじゃないけど2時間跳ねっぱなしは体力的に不可能なわけで。最初の30分は思いっ切り跳ねて、それからは声だけ出して歩きながら写真を撮ったり、落ちている鈴を沿道の子どもたちに拾ってあげたり。終盤は気持ちが昂った時だけ跳ねて、21:00の号砲と同時にねぶた祭終了。臨時キャンプ場に戻ると知り合ったやつらと酒飲んだりして、おれの夏も終ったわー。

1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2012年08月10日

青森ツーリング'12夏 -DAY 1-

今年の夏は青森ツーリングに行ってきたよ!


フジロック'12()から帰ってきて間もないんだけど、早めの盆休みということで青森県をツーリング。ちょうどねぶた祭の時期とドンピシャということで、シゴトを終えたら東北道を北へ北へとナイトラン。途中の岩手山SAで野営して翌朝には八戸で朝食というプランなんだけど、今回はSAの隅っこにテントを張るどころかシートを敷いてそのまま夜空の下で寝るだけという、何だかレベルが上がってるんだか下がってるんだかわかんないことに。


で、6:00過ぎに八戸市に到着して陸奥湊駅前朝市の一角にあるみなと食堂で朝食。評判の平目漬丼といちご煮(ウニとアワビが入ってる)は平目だけでも満足度高いのに、玉子をまぜまぜして後半に山芋投入してうめーうめー。


その後は十和田市に移動して十和田市現代美術館へ。美術館と公園がコンパクトにまとまってて、トンガッた現代アートが点在してるのがおもしれー。直島()とか現代アートって結構観てるんだけど、ここは1泊すれば気軽に行ける場所なので何回も訪れることになりそう。


で、青森市に到着したらまずは御当地の津軽煮干ラーメンを麺活!ってことで、長尾中華そば。看板メニューのごく煮干しをオーダー。煮干の風味もハンパないんだけど、スープを覆う膜がまた見た目にすげーなwwこのお店って国道沿いでフェリーターミナルの近くという立地もよく、営業時間も長い(7:00〜22:00の通し営業)のでこれからもお世話になることになりそう。


フェリーターミナルのそばの臨時キャンプ場にテントを設営すると、食後×睡眠時間3時間ということで思いっ切り昼寝。15:00になると予約していた青森市内のお店でねぶたの衣装を一式げっと。今回の青森ツーリングの目的はねぶた祭。それも、ねぶた祭を観るんじゃなくて跳ねることが目的なのだ!


すぐそばでテントを張っている人に着付けを手伝ってもらうと、17:00からは臨時キャンプ場の参加者でミーティング。初めてなので説明してる内容もよくわかんないけど、取り敢えずみんなについてくわ。


臨時キャンプ場を出たところで隊列を組むと、ねぶた祭の会場へと一斉に移動。浴衣というねぶた祭の衣装でバイクに乗るという非日常感、そんなバイクが100台くらい続いて、周囲の注目を浴びるというのがちょう気持ちいい!


指定の駐車場から10分くらい歩いてねぶたの運行場所へ到着。初めてなのでそわそわする上に、何して過ごせばいいかわかんないから落ち着かない。バイクじゃなかったら、間違いなく缶ビール飲みまくってるわ。


19:00頃に太鼓が鳴り出すと、いよいよねぶた祭始まった!なんかよくわかんないけど、ラッセラー!ラッセラー!って大声を出しながらひたすら跳ねる!周囲の興奮がハンパなくて、ペースなんて気にせずに跳ねるんだけど、そのうち足が上がんなくなって声だけ出しながら歩いてついて行く感じ。始まって30分も経つと結構みんなそんな感じで、気持ちが昂った時だけ跳ねるのに参加する感じ。これ2時間跳ねっぱなしは体力持たねーわ。途中でキャンプ場で知り合った人とはぐれてしまい、21:00の終了後はバイク乗りっぽい人に声をかけてそのまま一緒にキャンプ場へ。十年選手だと思ったら、おれと同じで今年が初参加なんだってさ。テントに戻ったら近くのスーパーで缶ビールを買って一人で晩酌してたんだけど、睡眠不足×疲労で23:00ぐらいに就寝。ぐっすり休んで明日こそ本気出す!

1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring