2015年05月13日

群馬ツーリング'15春 -DAY 3-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきたよ!その3日目。


前日に泊まった渋川市総合公園が素晴らしい。利用料1,000円で伊香保温泉、水沢うどん、コンビニもバイクで5分圏内だし、少し足を伸ばせば渋川市街と榛名山も30分圏内。GWも空いていたので平日で誰もいないようだとちょっと怖いけど、群馬県のほぼ中央に位置しているので、ここに連泊してツーリングするのもいいかも。群馬県の常宿はここか天神の湯で決まりだな!


早起きしたらまずは榛名山に向かって榛名神社を参拝。聴いたことのない名前だと思ってナメてたら、随神門から片道15分の参道を歩き、清流と老杉、岩壁に囲まれた極上のパワースポット。片道15分の参道が平坦だというのも老体には有難い。


で、榛名山を下りて遅めの朝食に水沢うどん。伊香保温泉からバイクで5分、お店によっては9:00から営業しているのがありがたい。


訪れたのは水沢うどんの元祖を謳う田丸屋。讃岐うどん・稲庭うどんと並んで日本三大うどんに数えられるだけあって(諸説あり)うめーうめー。讃岐うどんを上品にした感じと言えばわかりやすいかな。


そして、群馬ツーリングの〆を飾るのは四万温泉の積善館。ここの元禄の湯は昭和5年に建てられたモダンなデザインの浴場で、秘湯ファンとしては長年憧れていた温泉。入口で撮影禁止とデカデカと貼られていたので、浴場はコチラを参照。実際に入ってみたら浴場と脱衣所の間に仕切りがないタイプで、脱衣所から見下ろす浴場の風景がほんと素晴らしい。


と、四万温泉を後にすると鶴岡まで一気に帰って群馬ツーリングは終了。群馬県なら2泊3日もあれば充分だと思っていたんだけど全然足りなくて、常宿も見つけたことだしまた時間を見つけてまわりたいところ。まずはフジロック'15は早朝に出発して会場入りする前に法師温泉かなー。


【おまけ】帰り際にみなかみ町のGSで遭遇したお侍。ちょっとだけ話して一緒に走ったんだけど、観光地やコスプレイベントの"いかにも"って感じじゃないのがクールでかっこ良かったよ!
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2015年05月12日

群馬ツーリング'15春 -DAY 2-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきたよ!その2日目。

朝6:30頃に目を覚ますと、さっさと身支度を済ませて7:00過ぎに天神の湯を出発。健康ランドはこれができるからいい。テント泊だと後片付だけで1時間は見なきゃいけないからね。


まずは上毛三山の一つ妙義山。妙義と言えばレッドサンなのはこの世代特有の共通認識。ギザギザのシルエットがカッコイイ!


妙義山中腹にある妙義神社。この歳になるとこれくらいの石段も応えるようになってきた。最近は山も登らないでラーメンばかり食ってるからな。。。


妙義山から横川、軽井沢と続けざまに渋滞にハマって鬼押ハイウェーで浅間山の東を抜ける。この後は万座温泉で混浴露天風呂につかり、草津で大渋滞にハマり、川原湯温泉で移転リニューアルした共同浴場王湯につかるも、どうも物足りなくて尻焼温泉へ。


雪解け水の多い5月は入浴不可だったらどうしよう?という不安も杞憂に終わり、尻焼温泉の駐車場はほぼ満車。川をせき止めた巨大な混浴露天風呂には人いっぱいいるし!


もう3回くらい着てるけど、尻焼温泉はほんと秘湯の野湯ながら安定感抜群だ。俗世間から隔離された空間だからか、男性の水着着用率は50%を下回っており、全裸でつかっていても変態だと思われないw


もちろん女性は100%水着というか着衣なんだけど、どうしてもアレなら手前の湯小屋でも充分過ぎるほど魅力的な露天風呂だし、群馬県をツーリングするのなら尻焼温泉は押さえておきたいところ。

この日は伊香保温泉の近くにある渋川市総合公園でキャンプ。ここ、かなり居心地がいいので群馬県の常宿になりそう!
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2015年05月11日

群馬ツーリング'15春 -DAY 1-

今年のGWは群馬県にツーリングに行ってきた!


この時期の東北地方はキャンプするにはまだまだ寒いので西日本を目指すのがGWのツーリングのセオリー。しかし、今年は北陸新幹線の開通で北陸地方は混雑が予想されるので、南に針路を取り関東地方を目指すことに。そういや、群馬県って草津周辺しか行ったことないよなーってことで、群馬県にエリアを絞ってツーリングすることにしたのだ。


朝7:00に自宅を出発すると、関越道をひたすら南下。フジロック()で散々通った道だけど、新潟県は新潟地方を名乗れるくらい広いな!ようやく新潟県を抜けて群馬県に入った頃にはお昼なってるし!


関越道を一気に南下し、北関東道に乗り換えて太田市へ。もちろん昼食はご当地のB級グルメ、上州太田焼きそばの名店・中村屋へ。


中村屋にて上州太田焼きそばを初体験。ネットで調べて知ってたけど、ほんと黒い!


昼食を済ませると太田市から一気に北上して赤城山へ。群馬ツーリング初日は県東部の赤城山周辺をぐるっとまわるイメージで。


赤城山北麓の昭和村に来ると、遠くに谷川岳がきれいですなー。この後は赤城山の麓をぐるっとまわって桐生市へ。桐生名物のひもかわうどんを食べたいがために、ちょう非合理的なルートを辿ることに。なんたって、太田市で昼食をとったすぐ後に桐生市を通ってるからね。


赤城山の麓をぐるっとまわって桐生市に着いたのは19:00頃。この日が暮れてから宿も決まっていないのに地方都市をぶらぶらしていると、GWだなーって感じするwwここ数年ほんとそんな感じだったし。


ひもかわうどんの人気店・ふる川暮六つは2時間も待っただけあって空腹のスパイスがっつり効いてるし!一反もめんのようなひもかわうどんは箸でつまむとずっしりと重く、並んででも食べた甲斐あったわ!さすがにもう一度2時間待つかって言われたら躊躇するけどな!

この日の宿は前橋ICのそばの天神の湯。国道沿いの立地に24時間営業、仮眠用ベッドも指定と使い勝手がよく、『ヒカルの碁』を読むのに夢中になってたら25:30を過ぎていて慌てて就寝。明日は県西部をまわるよ。
1 / 2 / 3
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Bike Touring

2013年11月14日

末広!

帰省ついでに新庄市で麺活をしてきたよ!


行ってきたのはJR新庄駅から歩いて10分のところにある末広。新庄最上地区というとここ数年でオープンした新進気鋭のお店が多い中で、古くからこの地で営業している老舗のお店。もちろん新庄と言えばとりもつラーメンなわけで、おれの友人もみなとりもつラーメンと言えば末広を薦めていた。


オーダーしたのはスタミナラーメン。所謂とりもつラーメンなわけで、うどんみたいな食感のストレート細麺とダシのしっかりしたスープがじわーっときてうめーうめー。JRで新庄に観光しにきたら、ランチはここのスタミナラーメンで間違いないんじゃないかな!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Daily

2013年11月13日

丸竹食堂!

横手出張のついでに麺活をしてきたよ!


行ってきたのは横手市旧十文字町の商店街に立地する丸竹食堂。横手やきそば四天王の食い道楽()・安楽食堂()・藤春食堂()を二日間かけて麺活した後の〆は十文字ラーメンをチョイス。元祖のマルタマ()と国道13号線沿いの三角そばや、そしてここ丸竹食堂が有名どころになるのかな。


オーダーしたのは中華そば。ビジュアルどおりの透き通ったあっさりスープに縮れた極細麺とトッピングの麸が十文字ラーメン仕様。麺をすすっていると口の中がくすぐったくなるのがたまんない。商店街という立地も含めてずーっと地域住民に愛され続けてほしいお店。  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年11月12日

藤春食堂!

横手出張のついでに横手やきそばを麺活してきたよ!


横手やきそば四天王をハシゴということで、食い道楽()と安楽食堂()から1泊をはさんで横手市郊外の国道13号線からサクっと入ったところにある藤春食堂。お店の名前から想像していたとおり、昭和の食堂というか雑貨屋さんみたいな店構えがたまんない。30年前はコンビニなんかよりもこの手のお店が主流だった。


オーダーしたのは肉玉焼きそば。焼きそばがウマいのはもちろんだとして、昭和の面影を残す静かな店内に焼きそばを調理する音が響き渡るのがたまんない。横手やきそばが普及してから10年ほど経つと思うんだけど、一見の観光客は神谷やふじわらに集中しがち。これに対して優良店の掘り起こしや新陳代謝を促すので四天王はいい企画だと思う。四天王の最後の一つ、出端屋ふるさと村店は次回の宿題ということで!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年11月11日

安楽食堂!

横手出張のついでに横手やきそばを麺活してきたよ!


横手やきそば四天王をハシゴということで、1軒目の食い道楽()に続いて横手市郊外のハローワークの隣にある安楽食堂。"安楽の焼肉ライス"って大きく謳っているあたり、四天王でなかったらまず足を運ばなかったであろうお店。実際に出張先の地元の人も「安楽食堂は横手やきそばよりも焼肉ライスだろう!」って言ってたし。


オーダーしたのは横手やきそば。基本どおりのソース焼きそばに目玉焼きと福神漬のビジュアルなんだけど、一口食べると麺の食感にハリがあって、その辺が食い道楽とは全然違うな!この手の御当地グルメは何軒かまわった方が特徴がわかるし、特に横手やきそばは1食500円前後で腹六分目のボリュームなので、せっかく横手に来たからにはハシゴするのがおすすめ。  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年11月07日

食い道楽!

横手出張のついでに横手やきそばを麺活してきたよ!


横手と言えばB級グルメで大ブレイクしている横手やきそば。数年前までは神谷やふじわらと言った老舗のお店に人気が集中していたと思うんだけど、最近は"横手やきそば四天王"なんてのがあるらしいので今回の麺活では四天王を攻略することに。まずは横手のメインストリートの角地にある食い道楽へ。ここは居酒屋が本業だけあって、スタンダードな横手やきそばだけでなくホルモンやマーボなどオリジナリティ豊富な様子。


オーダーしたのは特製ホルモンやきそば。しっとりとした麺にあっさりソースが上品な感じで、玉子をとくとまたウマい。居酒屋だけあってホルモンもウマくてビール飲みたくなるし、最後にサービスのスープで口の中をさっぱりできるのもありがたい。ただ、横手やきそばって1食だけだと腹六分目くらいだし、この手の御当地グルメは何軒か食べ歩いた方が特徴がわかるのでハシゴすることに!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年11月06日

長尾中華そば!

青森出張のついでに麺活をしてきたよ!


行ってきたのはJR青森駅の目と鼻の先にある長尾中華そば青森駅前店。長尾中華そばと言えば青森を代表する煮干ガッツリの人気店で、フェリーターミナルのそばにある本店は昨夏の青森ツーリング()の際に麺活済み。青森駅前店もこの立地で7:00から朝ラーを提供しているとなれば、そりゃ行くしかないよな!と。


オーダーしたのはこく煮干しの手打ち麺。まず、お店の中に入った瞬間に煮干の香りがヤバいわけでwwぷるぷるのうどんに近い食感の麺に強烈な煮干スープ。煮干は昨秋あたりから全国的に流行っているわけだけど、これぞ本家と言わんばかりの二ボニボwwライスを無料提供しているので、ねこまんまにして食べるのもウマいよ!青森市内に泊まる機会があったら朝食におすすめ!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年11月05日

味の札幌大西!

青森出張のついでに麺活をしてきたよ!


行ってきたのはJR青森駅からほど近い場所にある味の札幌大西。青森と言えば煮干ガッツリの津軽ラーメンが有名なんだけれど、もう一つ御当地ラーメンとして知られるのが青森味噌カレー牛乳ラーメン。味噌×カレー×牛乳×ラーメン(そのまんま)ってどうなのよ?しかも元祖と言われるお店の名前が青森なのに味の"札幌"って…と思いつつも、根が貧乏性かつ食いしん坊なので行ってきたのだ。


オーダーしたのは味噌カレー牛乳ラーメンバター入り。とりあえず冷蔵庫の中にあるのを突っ込んだような名前がアレだけど、クリーミーなカレースープはマイルドかつサラサラして食べやすい。この手の味って子供ウケがいいと思うので、小さい頃からこのラーメンを食べてきたらハマっちゃうんじゃないかな。煮干系が幅を効かせている青森の中でも、ぜひとも食べておきたいラーメンだと思うよ。  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(2)Daily

2013年11月01日

麺家かぐら!

シゴト帰りは自炊なんてする気になんなくて麺活をしてきたよ!


行ってきたのは山形市の西バイパス沿いにある麺家かぐら()。山形市を代表するラーメン激戦区の西バイパス沿いにおいて女子ウケするメニュー構成と店づくりで女性一人でも入れるラーメン店を実現しているお店。あと、アパートから徒歩圏のおれとしては土日平日ともに通し営業というのもありがたいんだよね。


オーダーしたのは鶏ごぼうラーメンの味噌味。鶏×ごぼうのスープにぷるぷる麺。味噌・醤油・塩と3種類用意されたスープは味噌か塩かで迷うところなんだけど、これからの寒い季節は味噌でしょー。おれ的には醤油は一枚落ちる感じなんだけど、ランパスの対象が醤油に限るあたりから売上的にもそうなんだろうと推測してしまう。見た目にも鮮やかなシャキシャキ野菜でヘルシーさを演出しておきながらボリュームもしっかりしていて、お店の中もうまく視線を遮って個室っぽいつくりになっていたりと、女子ウケするようにうまく作りこまれているのがポイント!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年10月29日

福島ツーリング'13秋 -DAY 2-

もう1ヶ月近く前の話だけど、9月末に福島ツーリングに行ってきたよ!その2日目。


キャンプツーリングは早寝早起きが基本だよな!ってことで、5:30頃にお目覚め。速やかにテントを撤収すると、人が動き出す前にバイクで出発する。今日は走るよ!


猪苗代湖から土湯峠を経て磐梯吾妻スカイラインへ。この日は天気も良くてちょう気持ちいい!磐梯吾妻スカイラインは震災以降に無料化されてからは渋滞することが多いんだけど、これだけ速い時間帯は交通量ゼロに近い。早起きは三文の徳ってやつだな!


浄土平の手前の荒野を抜ける。日本じゃないみたいだな!


浄土平のレストハウスにバイクを停めて、吾妻小富士へのプチ登山。足下がエンジニアブーツというのがキツい。。。


吾妻小富士から来た道を振り返る。磐梯吾妻スカイラインと雲海、その向こうにある山はなんて山だろう?


磐梯吾妻スカイラインから裏磐梯にきて五色沼。しっかし、天気いいなぁ。


裏磐梯から喜多方に降りてきて、二日連続で喜多方ラーメンで麺活。坂内食堂の大行列をスルーして、老舗のあべ食堂。ここもギリギリ並ばずに入店できるタイミングで滑り込み。


オーダーしたのは中華そば。喜多方ラーメン特有のぷよぷよ麺にマイルドなスープがうめーうめー。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年10月28日

福島ツーリング'13秋 -DAY 1-

もう1ヶ月近く前の話だけど、9月末に福島ツーリングに行ってきたよ!


9月末の週末は天気がよかったので福島県をツーリング。特に東北地方だと快適にキャンプできるのは9月いっぱいがいいとこなわけで、今年のキャンプツーリングの〆の意味も込めて福島県に行ってきたのだ!


山形市を出発すると、米沢市から大峠を越えて喜多方へ。福島ツーリングと言えば喜多方ラーメンを攻略するのがデフォなわけで、今回は一平をチョイス。ちょうど並ばずに入店できるギリギリのところに滑りこみ。


オーダーしたのはじとじとラーメン。見た目どおりの背脂チャッチャ系ながら意外とスッキリしたスープで食べやすい。喜多方ラーメンのように有名な御当地ラーメンって、どうしても特定の老舗に人気が集中しがちなんだけど、こういう新進気鋭のお店が現れることによって新陳代謝を促すことが大切だと思うんだな。


喜多方を後にすると、只見川沿いをのんびり。ゆったりした景色が気持いい!GWにも行ったことがあるんだけど、水量豊富な春先がベストシーズンなのかな。


で、夕食は会津若松市の名店・牛乳屋食堂へ。会津若松と言えばソースカツ丼が有名だけど、芦ノ牧温泉にある牛乳屋食堂はラー博にも出店したことのある老舗のラーメン店。


オーダーしたのはラーメンとミニソースカツ丼のセットで。シンプルかつスタンダードな味で、要するに一ヶ月も前に食べたので忘れたww但し、接客のおばちゃんがすごく元気で親切なのが印象に残ってるなー。つまり、味よりも接客の方が記憶に残る。夕食を済ませてお店をでるとすっかり真っ暗になっていて、秋分の日を過ぎると暗くなるのが早いな!この日は猪苗代湖まで走って湖畔でキャンプ。おそらく2013年最後のキャンプだね。

1 / 2
  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Bike Touring

2013年10月21日

麺屋葵!

週末は南陽市で麺活をしてきたよ!


行ってきたのは南陽市漆山の先の方にある麺屋葵。だいぶ前にラーメン特集のテレビ番組で取り上げられていて、東京の有名店で修行した方が古民家を改装してオープンしたとかで気になっていたお店(詳細は不明)。いざ行ってみたらカーナビの検索ではヒットしないし、結構南陽の奥の方だし、お店の前の道路はクルマがすれ違えないしで、まず辿り着くまでが秘境感ありますなー。古民家を改装した店内も畳の上にカウンターとテーブルのシックな雰囲気にBGMはJAZZが流れていてオシャレな感じ。


オーダーしたのは魚介豚骨ラーメン。"またおま系"の濃厚魚介豚骨スープにプルプルプッツンの中太麺がうめーうめー。この手の路線ってつけ麺だと山形県内でも流行ってるんだけど、ラーメンとなると山形県内にはありそうにないところで、特に置賜地区において魚介豚骨と言えばここなのかな。オシャレな古民家×都会的なラーメンというシチュエーションも女子ウケしそうで、お店に行くまでの道のりもまた盛り上がりそうなのでおすすめ!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年10月18日

たまや零式!

週末は山形市内で麺活をしてきたよ!


行ってきたのはパレスグランデールの通り沿いにあるたまや零式()。ぬーぼう三代目()や麺辰()と並んで、おそらく山形市内で最も麺活しているお店の一つ。定期的に限定メニューを提供していることもあって、ここんとこ限定メニューばかり食べていたんだけど、ここは基本に帰ってレギュラーメニュー目当てでの訪問。


オーダーしたのは汁零ソバ。オイリーな油そばながらタレが濃厚かつ多めで、モチモチの極太麺も相俟ってうめーうめー。汁なしって、スープがないからか完食しても腹八分目のことが少なくないんだけど、麺に食べ応えがあるし酢・唐辛子・カレー粉で味変しながら食べられるので、食後の満足感が高いな!以前ラーメン特集のテレビ番組で取り上げられた時に店主がオススメしていたメニューというのもポイント!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年10月17日

味仙!

職場の旅行で名古屋に行ったついでに麺活をしてきたよ!


行ってきたのは名古屋市中心部の矢場町交差点のそばにある味仙。濃厚な味付けの名古屋メシの一つ、"台湾ラーメン"の発祥のお店。一人でも入れるような開放的な中華料理店で、山形でいう五十番みたいな感じと言えばわかりやすいんじゃないかな。飲んだ後の〆に行きたくなるようなお店。


オーダーしたのは台湾ラーメンと半チャーハン。小ぶりな器ながらパンチのある辛さに唐辛子・ニンニク・ニラがガッツリのスープにシコシコ麺。辛さ控え目の"アメリカン"なんてのがあるのもウケるww正直言うと、飲んだ後の〆に24:00過ぎに行ったので細かいことは憶えていないんだけどww中毒性が高いので名古屋で飲んだ後の〆におすすめ!  
タグ :中部地方


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年10月16日

マルタマ!

岩手出張の帰りに秋田県で麺活をしてきたよ!


行ってきたのは横手市旧十文字町の国道13号線からサクっと入ったところにある元祖十文字中華そばマルタマ。秋田県の県南地区と言えば横手の焼そばや湯沢の稲庭うどんが有名なんだけど、そこはラーメンにこだわって十文字ラーメンをチョイス。マルタマは看板通りその元祖と言われているお店。


オーダーしたのは中華そば。透き通ったあっさりスープに縮れた極細麺とトッピングの麸が特徴的。油の浮いていないクリアなスープはいかにも年配の多い郡部でウケそうな感じで、加えて極細麺は小麦の風味が意外と強く、すすると口の中がくすぐったくなる食感がたまんない。十文字ラーメンはハシゴも行けそうなので、次回は丸竹食堂と三角そばやだな!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年10月15日

さかえや本店!

岩手出張のついでに麺活をしてきたよ!


行ってきたのは花巻市郊外の国道4号線からサクっと入ったところにある元祖満州にらラーメンさかえや本店。通称"満にら"。岩手県と言えば、わんこそば、じゃじゃ麺、盛岡冷麺の"盛岡三大麺"が有名なんだけど、あえてソウルフード的なラーメンを狙って花巻市の"満にら"。花巻市と言えばマルカンデパートだろう!というツッコミも聞こえてきそうだけど、岩手県内に(おそらく)3店舗を展開する一大勢力。本店の駐車場はドドーンと50台の収容台数で、11:00の開店とともに続々と埋まっていくから要チェック。


オーダーしたのは満州にらラーメン。オーダーしてから3分程度で着丼というスピードに加え、丼いっぱいのにらと真っ赤なスープでパンチ力もたっぷり。ピリ辛スープはさっぱりとしていて飲みやすく、麺も米沢ラーメンばりの極細麺なので意外と万人ウケするタイプなのかも。この後でおれもそうしたんだけど、花巻市に行ったら満にらからのマルカンデパートが最強コンボなんじゃないかな!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily

2013年09月26日

拉麺二段!

週末は長井市で麺活をしてきたよ!


行ってきたのは長井市の中心部、長井道頓堀の入口にある拉麺二段()。置賜地区を代表する人気店でサンクスからカップラーメンが発売されたりと、いま山形県で最も勢いのあるラーメン店の一つ。柔道着姿の店主に押忍!の掛け声、BGMはブルーハーツと、オトコ臭いコンセプトを徹底して芸風の域に達しているのがいいね!


オーダーしたのは味玉男煮干しラーメン。二ボニボと煮干風味全開ながらうまくまとまった感じで、米沢ラーメンに赤湯の辛味噌ラーメン、漆山の金ちゃんといった御当地ラーメンを輩出している置賜地区において煮干系と言えばここなのかな、と。半月ごとに限定メニューも提供しているようだし、あとはつけ麺も攻略したいところ!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(4)Daily

2013年09月25日

寅真らーめん!

週末は山形市で麺活をしてきたよ!


行ってきたのは山形市の西バイパス沿いにある寅真らーめん()。県内有数のラーメン激戦区である西バイパス沿いにおいて休日は店の外まで行列ができる人気店で、加えて駐車場は狭いし行列に並ばなきゃいけないしで、しばらく足の遠のいていたお店。久しぶりなので看板メニューの辛味噌チャーシューメンを食べる気満々だったんだけど、お店に入るとこの三連休で終了の限定メニューとかあるし…。


オーダーしたのは期間限定の朱のまぜそば。太めの麺にピリ辛のタレ、そしてブロックチャーシューが寅真仕様。備え付けの醤油だれに卓上の辣油と酢で味変できるのもいいね!この三連休(つまり訪問の三日後)で提供終了とのことだったので、看板メニューの辛味噌チャーシューメンを断念してでも食べてよかったよ!


で、その二日後に再訪。休日14:00に店の外に7、8名の行列ができていて、オーダーしたのは辛味噌チャーシューメン。看板メニューだけあって、丼の周囲をぐるっと囲むチャーシューのビジュアルがいいっすなー。ニクニクしさ故に食べていくうちに口飽きしちゃうので、辛味噌を溶かして少しずつ味変するのがおすすめ!  


Posted by ノンタン at 08:00Comments(0)Daily